月のしっぽ(少女漫画)のレビュー

月のしっぽ(上田倫子 著)のレビュー

月のしっぽ全巻を読んだ感想

上田倫子さんの「月のしっぽ」という戦国時代を
舞台にした少女マンガです。
マーガレットで連載されていたものです。
月のしっぽ 1 (マーガレットコミックス (3611))

戦国時代のラブコメ少女漫画です。
これ、すごく面白いです。笑ったり、泣いたり
感動したりできます。最後は幸せな気持ちになる少女漫画です。

歴史も学べます^^まぁどれくらい
真実に近いかは?ですが・・

想像の人物たち(主人公のうさぎなど)と
服部半蔵のラブコメディです。

実在した歴史の人物
徳川家康とか織田信長とかでてきて
面白いのです。

「私は他の方法で復讐するわ!生きて幸せに暮らすことよ!!」とか
主人公の言葉に、思わず、うなずきました。

戦国時代は、大変だったかもしれないけれど
面白い時代だったのかななどと考えます。

薬草の話も出てくるので興味深いです。
オトギリソウとか出てきます^^

15巻が最終巻ですが、そのときに
初めて、月のしっぽの意味がわかりました。

この漫画を読むと、明智光秀も
織田信長も、徳川家康も
あたたかな心がある、普通の人だったのかなと
思わせられます。

歴史を違った視点から見るのも良いです。

なお、漫画を全巻まとめて買いたい方は、こちらが便利です。
検索で 月のしっぽ と入力して、検索すると見つかります。 
漫画全巻セット一括購入