レンと愛のミラクルワールド 物語で学ぶ幸せの法則TOP > 無料試し読みコーナー > 1章:森での出会い:3ページ目

1章:森での出会い:3Pについて

 

ひとりごとを言いながら、しかし、その先に
たわわに実るベリーの香りに、我を忘れて、近づきます。

 

「わぁ〜美味しそう」パクっとそのまま、食べています。

 

「美味しい、この実も、初めて見る。
ブルベリーに似ているけれど・・
もっと大きくて、甘酸っぱい。何だろう。」
あとで、調べよう。

 

またまた、すっかり、頭の中が、
ベリーでいっぱいです。

 

口の周りを紫色に染めながら、
進んでいると、何かにひっかかって
倒れてしまいました。

 

「あ〜〜〜痛い!」うめき声が、
下から聞こえます。「え・・誰かいる_」

 

愛は、そっと、振り返りました。
すると、全身緑色の服を着た、
すらりと背が高い男の子が、
腕をなでながら、こちらを見ています・・

 

「あ、ご、ごめんない、私、気づかなくて・・」
愛がしどろもどろと言い訳をしています。

 

「あはは、何それ?君は、どこの森の精人?」
愛の頭のほうを見て、いきなり笑い出しています。

 

愛は、はっと思い出しました。
そうだ、花輪を被っていたんだ・・・
見られた、恥ずかしい、どうしよう。ところで、ここは?

 

「あの、このことは、内緒でお願いします。
ところで、あなたも高校生ですか? 
私、そろそろ、友達の所にもどらないといけないのですが、
道がわからなくなってしまって・・」
だんだん声が小さくなっていく、愛です

 

「ん?高校生って?君は人間なのか? 
この森には、人間は入ってこれないはずだけど・・
迷子になったって、その前に、どうやって入ってきたのかな?」

 

「この森は、青井森 ですよね?違いますか?」
愛がおそるおそる聞いています。

 

「違うよ、ここは・・・・

 

・・・・

 

書籍版とは内容が一部異なります。
上記は原本(ブログ版)の1章の一部です。

 

★書籍版はアマゾンで購入できます!
>>>レンと愛のミラクルワールド

 

その他の購入可能書店情報はこちらのブログ記事でどうぞ
レンと愛のミラクルワールド書籍購入情報

 


無料試し読みコーナー記事一覧

1章:森での出会い:1ページ目

1章:森での出会い花野 愛(はなのあい)は15歳、ノース学園の1年生です。部員数5名の薬草クラブに所属しています。森が大好きで、ハーブや花が好きなで内気な小さな...

1章:森での出会い:2ページ目

しかし、数少ない友人に支えられて、好きな薬草の研究ができる薬草クラブに所属できることになりました。不慣れな1年生の生活も1学期が過ぎていきました。夏休みになって...

1章:森での出会い:3ページ目

ひとりごとを言いながら、しかし、その先にたわわに実るベリーの香りに、我を忘れて、近づきます。「わぁ〜美味しそう」パクっとそのまま、食べています。「美味しい、この...